らくがき一辺倒

しかしラクガキ無いときもある

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ようやく放送日です。
この日をどれだけ待ちわびたことか…! 
今回も絵無し。

以下まどかマギカ11話&最終回感想。

11話

なるほど、魔法少女の魔力は背負った因果の大きさによって決まるのか。
というかそう考えたら、いつかのインタビューでみんなそれほど強くないって言われてましたけど仕方がないですよね。
中学生でそんなに周りに影響を与えられるような人物になれる事なんてまずないんですから。
そしてまどかの力の強さの原因も判明。
ほむらが時間遡行してたことが原因か…。
救われない話だなぁ。まどかを救うために時間逆行してきたのに、それが原因でハッピーエンドが遠ざかるとか。
…でも3週目と4週目で違いすぎやしませんか。3週目までは世界軸が交わるところまではいってなかったって事でしょうか。


さやか葬式…うわああぁぁぁ…。
上条とか仁美の反応がどんな感じだったのか気になりますけど、残念ながら描写されず。
このあとのお母さんと先生の会話で仁美が大きくダメージ受けたとは言われましたが…上条どうした上条。
そしてキュゥべぇのお話。
家畜発言とかマジ悪役。
この世界はこの魔法少女システムによって作り上げられていたと。
自分がこの世界に生きてきた以上、そんな事言われて「魔法少女システムは間違ってる」とは言えなくなっちゃうよなぁ。
…ただ歴史上の偉人は男性の方が圧倒的に多いんですが、そこらへんはつっこむべきではないか。世界観世界観。


ほむら宅におじゃま。ループ打ち明けとか。
ほむらすごい警戒してるなぁw 
状況的にまどかが言いたい事が目に見えて分かってるから仕方ないんですが。
嘘ついてでも止めたくなります。下手な嘘ですが。
そして告白。
時間繰り返すたびにその世界のまどかとずれていく、どうしようもない話ですよね…。
救うという気持ち以外はわけが分からなくなってると。
自分だけ違う時間に生きてて、自分しか知らない世界から来たわけですから、どうしようもない話だなぁ。


ワルちゃん到来。
災害とか避難指示とか、本当に放送タイミングが悪い…。
ワルプルギスの夜、なんだかサーカスっぽい感じだなぁ。
地面に武器立てるのはマミといいさやかといい流行ってるんでしょうか。
マミに倣ってとかだったらいいですよね。
そして兵器のオンパレードというか単独戦争。ほむらの本気ヤバイ。
そして全く効いてないワルプルギスの夜さらにヤバイ。
…というかループ1週目から3週目よく倒せたなぁ。特に1週目。
杏子いてもどうしようもないだろうこれ。


ほむらの最後に残った道しるべであるまどかを救うという想い、それを無為に扱えば、
それこそ何もなくなっちゃうだろうからなぁ。
超ギリギリで生きてますよねほむら。むしろよく今まで生き残れたというレベル。
あんなに強力無比なワルプルギスの夜と戦うのもこれで5度目以上な訳ですし。
そしてお母さんとの最後の会話。うん、最後なんですよね…。
先生の言う通り、いつの間にか大人になっちゃったんですよね。


ワルちん本当強いなぁ。笑い声が拍車をかける。
そして砂時計の砂がなくなっちゃって時間停止が出来なくなったほむら。詰んでます。
時間遡行しようにも、キュゥべぇにあの因果の話を聞かされればしようという気にもなれず。
絶望しか残らないよなぁ。ソウルジェムも急速に穢れていって。

そして遂にまどか登場。いい引きだ。


最終話

「全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい」
…きっと、自分がもっと幸せになれる願いもあった筈なんですよね。
どんな願いも叶えられるというなら、今までの悲劇をなかったことにすることも出来たでしょうし。
神になってでも、この世界を希望のある世界でいさせたいという願い。
3ループ目もそうでしたけど、本当世界を愛している子なんだろうなぁ。


マミさん登場! 
人間から概念に、か。
みんなの希望の為に永遠に束縛される道を選ぶまどかマジまどか様。
杏子も登場。
9話でまどかの魔法少女化を止めてましたけど、
杏子はまどかがあの時は迷ってるから止めたんであって、きっと決意した人には応援しちゃうんでしょうね。
預かっていたものを返すっていうこれ、きっと「魔法少女は希望の存在」という想いを蘇らせたって事なんだろうなぁ。
今まで魔法少女株駄々下がりでしたから。
そしてさやかが出てこない…。いやあとで出てきますけど。
さやかにも後押しして欲しかったなぁ。


ということで変身。
神々しさが半端ないです。
魔女化は止めるけどやっぱり死んじゃうんだなぁ。
まぁ魔法少女になることへの仕方のないリスクと言うべきかも知れませんが。
命を救う存在ではなく希望を救う存在だからこれでいいんですよね。
ワルプルギスの夜の魂も問題なく救済。

そして自身の魔女化も止めてみせるという。
なんという神々しさが止まるところを知らないまどかさん。
というか目の色が変わってるんですよねこのまどか。
まぁまどか自身は呪いをたくさん身に纏ったソウルジェムなわけですし…、一体どういう存在なんでしょうか。

あああぁぁ、まどか消滅。
ほむらとしては納得出来ないよなぁ。
ずっとまどかを救うために戦ってきたんですから。
しかしこうなった事でまどかはようやく、ほむらの人生を共有することが出来たという結果に。
こうなった事で、今までずっと一方的だった想いを共に持つことが出来た、と。
…まぁほむらにしてみれば、そんな事よりまどかが生きてくれる事のほうがずっと大事だったんでしょうけど。
リボンを残してまどか退場…。


さやかは本当になぁ…。
不器用なんですよねさやかは。別の生き方が出来ないというか。
救われない少女というか。
まどかの言うように何もかも無かった事にすれば、上条は腕が治らなかったでしょうし。
でもさやかはきっとソウルジェムのからくり知っても同じ事願っちゃうだろうしなぁ。
人のために何かをせずにはいられない子なんだと思います。
そしてそんな想いをまどかは否定出来なかったと。
こうしてバイオリンを聞いて願いを思い出しただけ報われたと言えるのかもしれません。
…本当、不器用な娘ですよね。
だからこそ救われてほしかった。
愛おしいです。


さやかと杏子がちゃんと友達になれた世界。
世界が変わっても、救いが増えるわけじゃないんですよね…。
ただ最後の時に自分の希望を持って逝けるような世界になったというだけで。
しかし本当に救われない娘だなぁ…。他の子はみんな生存してるというのに。
まぁマミさんと杏子が生きてるだけ救いのある世界なんですよね。
2期あったら本当さやかが幸せになる世界であって欲しい。
そしてほむらがちゃんとまどかの事覚えてた…! 


まどかのリボンをしてるんだなぁ。…似合うかどうかは置いといて」
家族のみんなも、まどかの事名前ぐらいは覚えてるようです。たっくんは姿まで。
お母さんが「まどか」って言うところ、知らない名前を言うって感じじゃなくて言い慣れた感じで言ってるのが凄いグッと来る。


キュゥべぇの善玉化。
…いや多分、魔女化がなくなっただけでソウルジェムは相変らず魂を抜き取ったものなんでしょうけど。
でも「戦略ももっと違うものになっただろうね」というところからすると、人間騙すやり方はやってないのかもしれませんね。
魂が別のものになるっていうだけなら、願いを叶える代償としては安いものでしょうし。
…願い叶えるっていうシステムは変わってないんですよね? でないとさやかが魔法少女になる理由ないし。
そして魔獣ですか…。
魔女化がなくなった事で出てきたものという事はキュゥべぇとやっぱり関係あるんでしょうか。
やっぱりキュゥべぇとの関係は良好なのね。あのほむらとキュゥべぇが、ねぇ…。
黒いもの投げてるほむらからもいい関係だと見て取れますし。
瘴気とかまた新しい単語が…。本当に別の世界観。
羽とか弓とか新装です。
盾なくなってますから多分時間操作は出来なくなってそう。
しかし弓はまどかからの受け継ぎですよね…。燃える。
ほむらが弓使ってる絵は幾つかありましたけどこういう形ででしたか。
締めに相応しい。


ED後の風景は一体…? 
どういう状況なんでしょうか。
羽もビルから飛び降りたときに出したものとは随分違って禍々しくなってますし。
でも悪いものだったらまどかの声聞こえたときに広がるのが止まるでしょうしね。
悪いものではないんだろうなぁ。
一人になってもいつでもまどかがついてるっていう最後にありがちな締めかもしれませんが、…2期フラグだと思いたい。

そして最後に今までの魔法少女のシルエットが。
いくつか見覚えのあるものがありますね。
という事はやっぱり魔女の元になった魔法少女が公式で設定されているということなんだろうか。
とりあえず、今までお疲れさま。
ラストの一枚絵うめせんせーの集合絵ということでまさにラストを飾るに相応しい。
制服あんこを公式で見れて嬉しいです。



そんなことで魔法少女まどか☆マギカお終いお終い。
全滅エンドとか滅亡エンドとか覚悟してただけに、ちゃんと救済や希望がある終わり方でよかったです。
犠牲になったまどかや救いきれなかったさやかみたいな子もいましたが、決して悪くない終わり方だったのではないでしょうか。
魔法少女達はまどかのもたらした希望の中で、苦しみながらもちゃんと生きている、それだけで救われます。
というかそれまでが悪すぎたんだよキュゥべぇ…。
震災という不幸にみまわれて一月遅れでようやく放送されましたが、待ってる間は本当に待ち遠しかったですね。
3話以降は話題を攫いっぱなしで毎週毎週楽しみでしたが、それもこれで終わりか…。
こんな気持ちにしてくれるアニメに立ち会えただけでとても幸せです。
スタッフの方々、本当にありがとうございました。

……2期是非お願いします。
そしてさやかを救ってくれますように。
…さやかは救われないからこそのキャラだとは分かってるんですけど、やっぱりね。



魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/09/21)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bloomegret.blog43.fc2.com/tb.php/395-2883f915

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。