らくがき一辺倒

しかしラクガキ無いときもある

けいおん!!キャラソンちゃんと憂、和、純みんな出てくれるようですね。
ありがたいです。和ちゃん期待。
1月か。律紬梓キャラソンの2ヵ月後、9巻(番外編3)の2ヶ月前と、バランスよく配置されてさすが飽きさせない。


「ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー・・・ですか!?」見てきました。
面白かった…! ストーリーはプリキュア映画の中でも最高の出来と言えるのではないでしょうか。
オススメです。迷ってる方は是非どうぞ。
そして大迫力の中で見る変身シーンは格別だと再確認。

オリヴィエかっこかわいいよオリヴィエ。
馬越キャラで大谷育江さんとか、もう狙ってるんじゃないかという。
まぁ男の子ですしキャラも全然違うんですけどね。
■11/3追加
heartmovie.jpg
遅くなりましたが。
この親子いいです。その後の話も見たい。

また見たいなぁ。DVD(出してくれればBD)は間違いなく買います。
そういえばガンダム00の劇場版、今頃になってその映画館で上映されてました。
一月以上経ってるよ…あと一月と少しでBD出るよ…。
また見に行ったらついでに見ようかな。

前置きの時点で長くなりましたが、以下感想です。
パンフレット見ながらとはいえ、うろ覚えで書いてるので
間違ってたり大事なシーン飛ばしてたりしても多目に見てください。
まずはサラマンダー男爵とルー・ガルーがエッフェル塔の上に。
高い所で悪だくむのは古今東西の悪役キャラ関係なく常識のようです。
そして早速裏切り。お父さん人望ないです。野原ひろし見習え。

つぼみたちパリに到着。
背景とかモブキャラ凝ってるなぁ。馬越キャラこんなに見れて至福。
狼男の噂。いつきも随分とえりかに影響受けてる気がします。
からかわれ役つぼみ。


OPです。
背景の一部にスタッフ名が書かれているという手法。
ふ、不覚…馬越さんの名前どこで出たか分からなかった…。
しかし本当に背景綺麗。じっくり見たいなぁ。


花の都とか、この文明社会で期待できるわけ無かろうに…。
捜しに行くとか言葉の通じない国で何を言ってらっしゃるのですか花咲さああん! 
案の定迷子に。リアルでかなりのピンチです。

一方コウモリスナッキーを撒くルー・ガルー。
したたかです。あっさり撒かれちゃうあたり所詮スナッキー。

まいごのまいごのつぼみさん。
空から女の子、ではなく男の子が降ってまいりました。
言葉はちゃんと通じるようで。
見知らぬ人でも怪我してるのなら放っておけないのがつぼみですね。
怪しさ抜群なのも番くんの眼力を完全にスルーできる能力を持つつぼみならなんのその。
そんなことで巻き込まれることに。
お空で逃避行。見つけたいつきのリアクションが面白いw 

困ってる人を放っておけないつぼみさん。
サラマンダーも確かに困ってるといえば困ってるよね…。
「その子は私の大切なものを盗んでいったんだよ」とか言えばつぼみは組しやすいと思うよサラマンダー。
まぁデザトリアンにしちゃった時点でダメ人間(人間?)確定。敵と認識されます。
というかデザトリアン化しちゃうんだルー・ガルー。
久々に見るブロッサム単独変身。
大迫力で見る変身はやっぱり違うなぁ。ハートキャッチのバンクの素晴しさを再確認させられる。
マントも久々。
フォルテウェーブしますが効きません。
ブロッサムを自転車で追いかけてるときのいつきがなんともいえない顔をしているw 

1人でダメなら3人で。ということでえりかといつきも変身です。
この二人での変身というのは初めてではないでしょうか。
マリン単独変身もブロッサム同様久々。やはり可愛い。
シャイニングフォルテッシモなら問題なく浄化できました。
ルー・ガルー本体の方も妖精の働きで奪取。いい仕事してます。
満月の番までに戻るようにとのお父さんからのお達せ。まぁ狼男ですからね。


ルー・ガルーの幼い頃の夢。
これ見たらもうサラマンダーに愛着沸かずにはいられない。
いいキャラだなぁサラマンダー。
両親を探すといって自分が父親と呼ばれるようになってしまう辺りいい話です。


お目覚め。
まぁ知らない人に迷惑はかけられないですよね。
ということで知り合いになる所から。
オリヴィエという名前ここで付けるのか。
てっきり前情報ではオリヴィエが本名だと思ってましたが。

ファッションショー歩き方講座。
つぼみ懐いてるなぁ。
オリヴィエ並ぶ相手が悪いです。
えりか笑いすぎだろうw 


えりかのこういう服作ってる姿好きだなぁ。
えりかコンプレックスについて色々。
まぁそう簡単になくなるわけないですよねコンプレックスって。
付き合い方を変えていくしかない。
人懐っこいえりかと意地っ張りなオリヴィエもいいコンビだと思います。
しかしつぼみはオリヴィエの事本当に弟扱いだなぁ。過保護。


いつきとお買い物。
狼男だということを隠してるオリヴィエと、女ということを偽っていたいつき。
いい相談相手ですね。
可愛い言いすぎだいつきw 若干、というかかなり引いてますオリヴィエ。


髪下ろしつぼみ可愛いなぁ。
髪形をちょくちょく変えてくれるのもハートキャッチのいいところですよね。
写真撮影、その戦隊っぽいのはなんだw 

笑顔について。まぁ笑う事とはご無沙汰だったろうからなぁ。
全くなかったとは、あの回想見る限り思えませんが。
暗い部屋で3匹並んでちゅーちゅー
オリヴィエも訊く気失くすというものだw
満月が近づき狼男化の予兆が。というかもう満月だといっていいレベルですからね。
犬っぽくなるようなことはないのですか。
全国に少数いるケモナーの皆様は残念がったことでしょう。
個人的にはこの狼男化は格好いい。髪光って逆立って。
異変を受け止めてるつぼみと、部屋の外で待機してるみんなが何だかいいなぁ。


早朝オリヴィエ外出。出て行こうとしたんでしょうか。
ゆりさんに捕まってしまわれました。
犬相手には普通に笑ってますねオリヴィエ。
日本にも来た事あったんだなぁ。
日本語はその頃覚えたんでしょうか。難しかろうに。


ムーンライト相手に全く引かないサラマンダーぱない。
というかほとんど眼中にないという。
ダークプリキュアレベルは余裕でありそうです。

サラマンダー昔話。彼は砂漠の使徒として生きるには人間らしすぎたんでしょうかね。
キュアアンジュの神々しさは異常。デフォでキュアエンジェルみたいな感じだからなぁ。
あんまりオリヴィエの事必死になって追いかけてないなぁとは思ってましたが、生きる場所が無いからというわけか。
というか自分で狼男化させておいて居場所はないとか言うのか。
本気になったムーンライトにはさすがに分が悪いようです。
ムーンライトとサラマンダーの攻撃を同時に止められるって、オリヴィエかなりの強さですよね。
その上あのムーンライトを一撃で気絶させたというのはかなり誇っていいと思う。

そんな事でオリヴィエサラマンダーと一緒に行ってしまわれました。
だからつぼみ1人で突っ走るなと。
みんな考えてることは一つなのですから。


父と子の戦い。
やっぱりこの二人好きです。二人の旅は楽しい事無かった訳ないんですよね。
そしてそれはオリヴィエの方だけじゃなく、サラマンダーにとっても。
この映画のバトルシーンで一番よかった戦闘シーン挙げるとしたらここだなぁ。
止まれないサラマンダー。月も満ちてしまいました。
オリヴィエの顔に紋様が。いちいち好みのデザイン過ぎる。

モン・サン・ミッシェル崩壊。
貴重な世界遺産が…。


ハートキャッチミラージュには空間を繋げる能力でもあるのでしょうか。
空間に亀裂開けてやってまいりました。
ブロッサム&マリンVS暴走オリヴィエ、サンシャイン&ムーンライトVSサラマンダー。

オリヴィエは勿論問答無用に襲い掛かってきます。
…意外と首絞めるのってプリキュアではやらないですよね。
マリンは応戦担当、ブロッサムは説得担当です。
まぁマリンも向かってくるから応戦するだけで、そのままやっつけようっていう子ではないんでしょうけどね。
マリンのいうとおり無茶しすぎだなぁ。
というかブロッサム、マリンが仲間を傷つけてしまう結果になる事に多少は配慮しときなさい。
ただブロッサムが敵意を全く向けずにいたおかげか、オリヴィエ元に戻りました。

一方上級者ステージ。
オリヴィエと一緒に生きる生き方、あって欲しいですよね。
ただ数百年封印されてたせいで体にガタが。
サラマンダーも生き急いでたんですよね。
隙を付かれてサラマンダーの力が解放されてしまわれました。


サラマンダードラゴン化です。
ハートキャッチでは敵キャラの異形化は初めてですよね。
大きさも半端ないです。
サソリーナたちもこういう変身するんでしょうか。

シプレとコフレの補助が付いてるとはいえ、
本領を発揮したサラマンダーの攻撃を数秒でも防げる時点でポプリの能力の高さが窺えます。
ピンチなところでコッペ様参上。つえーw 
さすがコッペ様です。濡れるッ! 
サラマンダーの心の闇を照らす光はオリヴィエ。
決め台詞をいい感じに改変してますね。


本編より一足お先に、スーパーシルエットお目見え。
ミラージュについてる付属品をそれぞれ付けるんですね。
バンクシーンの黒シルエットが印象的。
本放送でも楽しみです。
必殺技だけで実際の戦闘は残念ながら無かったですからね。

必殺技は「プリキュア!ハートキャッチオーケストラ!」
…オーケストラと聞いたら大魔王ケストラーを瞬時に思い浮かんでしまう自分。
ハートキャッチ王ケストラー、とか。…想像したくないw 
ミルキィローズフローラルエクスプロージョンみたいに謎の女性が。
というか、え、出てきた女性がそのまま戦うの? 包み込むとかじゃなくて? 
これは本放送で出てくるのが待たれる。

ちょっと押され気味なのでオラにパワーを分けてくれタイム。
今回は専用フォームないですもんね。
分かり難かったのかそれとも乗り気じゃない子供ばっかりだったのか、
自分がいた映画館ではオールスター2の時ほどライトはついてませんでした。
無事撃退です。


まぁここでサラマンダー死んじゃったらハートキャッチプリキュアじゃないよなぁ。
生きててよかったです。
手の罅は痕だけ残ったという感じなんでしょうか。
最後のプリキュアへの恨み言は、よくある「余計な真似を」みたいな感じっぽくてよかったです。


EDはファッションショー。ここでタイトルがようやく。
コッペ様普通にいるのかよw 
というかオリヴィエもちゃんと出ればよかったのになぁ。せっかく準備したのに。
ついでにサラマンダーも一緒に。


本当に面白かったです。
実に濃密な90分でした。
途中で「あれ?これ2時間映画じゃないよね?」と何度も思うぐらいのストーリー。
サラマンダー親子に感情移入した方結構いらっしゃるのではないのでしょうか。
まぁでも、サラマンダー親子じゃなくてプリキュアの方ばかり見てると、
物足りないと感じた方もいらっしゃったかもしれませんが。
いつもあったパワーアップフォームもなかったですしね。
MH1やSSみたいな色変化だけでも、最後のミラクルライトでつけてもよかったとは思いますが。
でも本当にいいストーリーでした。
各キャラの本編中での心の変化をオリヴィエを通じて話に絡ませてたり。
最近見た映画ではピカイチだった感じです。
本当何度でも見たい。


来年ももはや恒例となったオールスターズDXをやるようです、って、あれ、
……最後のオールスター、だと…。
…もう咲舞たち昔のプリキュアに会える機会がなくなってしまうのか。
せめて10周年ぐらいしたらまたやって欲しいものです。
というか来年のプリキュアは一度しかオールスター出れないのか。
まぁハートキャッチを2年目やってくれたら、紹介分が要らなくなるのでその分ストーリーに期待できるのですが。
いつも通り3月中頃に上映。
このハートキャッチの映画のDVDもその頃出てくれるでしょうし、楽しみです。
スポンサーサイト

最高ですよね? つぼみ

2011.10.08 10:25 URL | 林 エレン #- [ 編集 ]

完成度高いですよねハートキャッチ、作品もそれぞれのキャラクターも。
つぼみの敬語がまた聞きたいです。

2011.10.08 12:14 URL | 鍵穴 #Pec5Uhoc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bloomegret.blog43.fc2.com/tb.php/340-6ef31baf