らくがき一辺倒

しかしラクガキ無いときもある

ハートキャッチプリキュア、とうとうサンシャイン出ましたか。
バンク動くなぁ。本編も流石の馬越作画。
というか強いですサンシャイン。
空中で跳んだり水上走ったりシールド張ったりそこからビーム出したり。
…それどこのSS? 
そして1、2話以来の分割。力入ってますね。
来週は来週でOPにあるマントがようやく出てきたりと。
ダークプリキュアに今度こそ勝てるんでしょうか。
楽しみです。



遅くなりましたが以下マテリアルパズル ゼロクロイツ「男と咆哮」。
前回民衆の前に出てきたミト様が偽者だと気付いたベルジ。
ということで早速お城に突撃です。
ガンガン本誌の方ではお付きの人に恨み言言われたりも。
状況説明は虹との戦いに参加したレオドリスから。
お付きの人、敬語なのに「レオドリス」と呼び捨てなんですね。
そういえばレオドリスは「メルパトラ」の事いつ知ったんだろうか。


ゼロクロイツはレオドリスの勘違いでした。この野郎…w 
そしてミト様やってくれましたマジック・パイル! 
マジック・パイルまでもゼロクロで出てくるか…。
2章でも途轍もない能力アップを見せ付けてくれたマジック・パイル、0章でもその効果は保証付きです。
虹を完全に圧倒。まぁ3人分だしなぁ。
おそらくレオドリスより強いであろう父と兄を加えた3人分の魔力、
レオドリスと二人で倒せるレベルだと考えると当然の戦力差ですね。
炎陣剣二刀流で両腕(腕?)を切断された青ノ彗龍、流石に状況分析得意なロボットだけあって撤退していきます。
2体連続でやられたらロボットとしてもかなりの痛手ですからね。

ようやくの戦闘終了。
ようやくクロイツ化を解除できた二人。
しかしマジックパイルは反動がきつく、ミト様体がボロボロに。
ティトォ達は特殊な体でしたし大精霊もいましたけど、
ミト様は特殊な能力あるだけで体は人間ですからね…。
血を吐いたり髪の毛抜けたりやばいです。


ベルジが来なければミト様はマジックパイルを使わなかったと言うレオドリス。
まぁ虹を倒しにいくのは遠からずやらなければいけない事だったでしょうし、
あの状況では使わなければ二人とも死んでた訳で。
ベルジの才能にあとを託そうとしたのもミト様の一方的な考えでしたから、
レオドリスの言い分は筋違いかもしれません。
ですがそれでも言わずにはいられないでしょうしね。
絶対に守らなければならない人類の希望な訳ですから。

なんとか生きてましたメルパトラ…! 
生命維持装置に体を繋いでおかなければいけないほど衰弱し切ってますが、
それでも生きてるに越した事はない…! 
死ぬほどの目にあったメルパトラ、うなされます。
彼女は死を恐れない希望のミト様なんかじゃなく、か弱い女の子のメルパトラなんです。
ベルジはこの時ようやくそれを知る事に。


ベルジマジェンガ魔法陣に突撃。
しかしマスターパイネル一刀のもとに拒絶。
絶望的な戦いな以上、逃げる兵士が一人でもいれば、
そこからダムが決壊するようにみんな逃げていきますもんね。
ベルジは逃げた訳ではなく、どちらかと言うと迷ったと言った方が正しいかもしれません。
しかし他の人からすれば同じようなものな訳で、はいそうですかと許せる事も無く。

しかしメルパトラの弱さを知った今、守りたいという目的がベルジに出来ました。
でもメルパトラは世界の命運を背負った女の子、彼女を救うという事はそこいらの女の子のそれとレベルが違います。
しかしベルジはもう迷わず。

「世界を救えばいいんだろ!!!!」

4章の予告で使われた台詞がここでくるか…! 
「ロボットが~」からの台詞の流れと見開きが滅茶苦茶熱いです。
さも当たり前かのように「世界を救えばいいんだろ」と。
そして頭部の骨のみでクロイツと融合。
これでたったの3回目だというのに、しかも血を流すことも無く。
骨無しで融合できるメルパトラにはまだ及びませんが、3度目にしてレオドリスはもう超えてるんじゃないかという…。
流石化け物から化け物呼ばわりされる主人公。
ここまで言われ、ここまでされればマスターパイネルも認めざるを得ないです。
シュウガ「うるせえよ」涼しげに突っ込み。くうきよめ。
しかしこの台詞も4章予告にあったものですよね。
4章でもこの台詞が印象的に使われるのでしょうか。
早く見たいです神無。
しかしまずはゼロクロイツを目一杯楽しみたい。
そんな訳で「召喚編」終了。


アップル博士活火山へお出かけ。
そこにあるのは5体目のクロイツ。
3本首かぁ…。
どんな魔法使うんだろうか。
ゼロクロオリジナルの魔法は出てくるんでしょうかね。
それともやはり本章にあった魔法なんでしょうか。
今のところベルジの使うクロイツだけ異様に魔法レベル低いですけど、次のはどれぐらいの魔法レベルなのやら。
あと誰が使うんでしょうね。
フラメも今はメルパトラ戦闘不能ですし。レオドリスは何とかいけそうですが。
そろそろシュウガにも活躍していただきたい。
化け物に化け物と呼ばれた奴が「自分より凄い」と評価する程の人物なんですから、
並大抵ではなさそうで楽しみ。
クリム覚醒もどんな見せ場になるのやら。
天命編楽しませていただきます。
あと起動編、召喚編、天命編と「起承転結」になってるらしいですね。
あと2章か…。ロボット編は天命編で終わるかな? 
そして「結」で本章の伝承に繋がる、と。
期待してます土塚先生。



mp0-22.jpg
スポンサーサイト

>レオドリスの言い分は筋違いかもしれません。
レオドリスは嘘ついて人をやる気にさせてた人なんで、ベルジの所為でこうなったというのもやる気を出させる為に言ったのかも。
今はクロイツの使い手が二人も怪我という危険な状況ですしパイネルさんは要らないと言いましたが、やっぱベルジは必要でしょう。

2010.07.19 19:23 URL | あん #EFmxq3So [ 編集 ]

本当にあの展開を狙ってたんだとしたらレオドリスさんマジ策士。
レオドリスは今の所解説とか引き立て役ばっかりですから、その内大きな見せ場あってくれたらなぁと思ってます。

逃げられない立場にいるメルパトラの事を思えば、士気の事とは別に逃げ出したベルジを責めるパイネルさんの気持ちも分からなくはないです。
ただ、既にロボットと戦った事があって魔法も使うことが出来るベルジをあっさり捨てるって言うのは、確かにもったいなさすぎますよね。

2010.07.21 02:24 URL | 鍵穴 #Pec5Uhoc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bloomegret.blog43.fc2.com/tb.php/303-83f18c12