らくがき一辺倒

しかしラクガキ無いときもある

ゼロクロイツ4巻、背表紙はマルキスでしたね。
さすがにこうなってくると、クリムはゼロクロの中で特殊な立ち位置という設定なんだという事が分かってきます。
良かった、3巻はミト様にポジション取られた訳じゃなかったんだ…。
多分5巻背表紙はレオドリスなんじゃないでしょうか。
クリム今は空気ですけど、いつか驚くほど重要なキャラになるんだろうなぁ。

あと4巻の続きは来月上旬までガンガンオンラインで見れるので、
興味ある方はこの機会に入って欲しいです。宣伝宣伝。


遅くなりましたが刀語5話感想。
絵描こうと思ってたんですが描く暇が無い…。
いやもっと切り詰めれば時間出来るんでしょうが。
というわけで絵無し更新。あとで追加出来たらするかも。
否定姫ようやく来ましたね。刀語裏ヒロイン。
ちなみに正ヒロインがとがめで、真ヒロインが王刀・鋸の所有者。
…いや真は冗談半分ですが。
否定姫アニメでもしっかり右衛門左衛門扱き下ろしてます。

必の足音、いい重量感出てますね。
ここら辺でもう刀であることに拘らなくなってしまった変体刀。
海賊の着ている鎧だけあって、海の生き物の意匠が色々見て取れます。
まぁ変体刀の特性から考えると、鎧が選ぶのが海賊なんでしょうか。

お風呂シーン。
先月の時点で裸を見せる事に全く抵抗を覚えなくなっていたとがめ、混浴に誘うなど朝飯前のご様子。
会話中にお酒のお盆を指で押し付けあってた演出が良かったですね。
1話あたりだったら本当に会話してただけだったでしょうに。
スタッフもだんだん上手くなってるなぁという印象。流石に上から目線過ぎますが。
会話を飽きさせない配慮に力入れてくれるのはありがたい。

鎧対策会議してたら本人が来ました。。
原作では内側からしか脱がす事出来ないという事だったはずですので、まぁ決闘しかないんでしょうね。
モテモテとがめさん。
しかし七花には焼餅を焼かれてしまいます。しちりん可愛いなぁ。
BGMも新しくコミカルな感じのものが。
ようやく人らしい感情を持つようになって来ました。
本人はまだその気持ちが良く分かってないようですが。
あとやっぱり「死んだらどーする!」には反応するw 
…まぁ最近死のうとする気配ゼロですけどね糸色先生。

鳳凰様登場。声は置鮎さんですか。ハマってます。
一時休戦の申し出ですが、…まにわにのメリットに対してとがめたちのメリット多すぎですよねやっぱり。
まぁ対等な交渉なんてとがめが受けるはずが無いですしね。
まにわにはまにわにで某秘密兵器あるわけですし。
しかし鳳凰様のデザインはやっぱり面白いよなぁ。竹さん尊敬する。
緋色の英雄も楽しみですが、その内また西尾維新×竹で新シリーズやって欲しいです。
閑話休題。
置き土産のようにチェリオの事を教えてあげる鳳凰様親切です。まるで意地悪のようにしか聞こえませんね。

ちぇりおネタバレようやく。
2話でそのことに触れていましたが(アニメではあったかな?うろ覚え)、前回の4話が4話でしたので、
原作読んでた時はあるかどうか心配もしてました。
田村さんいい演技してます。「バカだバカだと思われながら~」辺りが好み。
BGMもまたいい仕事してるなぁ。
やけにキラキラした嘆きとがめとか可愛かった。
やっぱり「ちぇりお」で締め。

必の回想は結構バッサリでしたね。
賊刀を一目見た時から必の体がぐんぐん伸びた下りとかも説明無かったり。
刀が所有者を選ぶって言う異常性を象徴する話だったんですが。
あと心(必の妹)のこえが菊池こころさんとか。名前で選んでるのかw 

必戦。5人抜きの下りはさすがにカットか。
一応鳳凰の状態を予感させる情報とかあったんですけどね。
あと「殺すな」命令のとがめの意図とか。
鎧通しは効きませんでした。残念。
一応ちゃんと地面に衝撃逃がしてるんですね。忠実です。

七花格好良いなぁ。
「極めて了解」でBGMが例の音楽に変わるのが憎い演出です。
刀賊・鴎、他のと同じくただの体当たりのはずですが、迫力がかなり上がってます。
というか柵ぶち破るとか、後ろの人たち普通に吹き飛ばされてますがな。
・・・そういえば体当たりを受けたときにとがめが「七花!」と叫んでますが、…お前の目の前の柵吹き飛んでるだろうに。

今までは演出として声優の方七花の話し方をわざと抑揚の無いようにしてましたけど、
今回の話は刀語で初めて七花が人間らしい感情を持つようになった回ですので(あと自分が一人の人間だと気付いたり)、
それにあわせて最後の方はかなり感情の籠った声になってました。
あと刀語のいい所は作画を安心して期待出来る所ですね。
ただ投げ飛ばすだけなのに迫力出てます。

ラスト、チェリオの事話した後原作ではもうちょっとあったんですが、カットですか? 
来月でやるんでしょうか。
来月の所有者は凍空こなゆき。ロリっ娘ちゃんです。
(キャラ以外にも役回り的に)際物揃いの刀語の女性キャラの中でも、普通に可愛い部類で個人的にも結構好きな子なので、
色々期待させていただきます。
今月の放送が遅めだったせいもありますが、次回は2週間後と早めの放送なので嬉しい限り。


今回の話、原作でもそれほど盛り上がりの無い回だったので期待してなかったんですが、
個人的にアニメのスタッフ上手く料理してくれたなぁという印象。
BGMが色々印象深いもの出てましたね。ちぇりおの下りとか。
演出も作画の良さ故か色々動かしてくれるので、楽しく見れるようになってきた気がします。
今回の話「面白くなかった」という方もいるかと思われますが、私としては高い評価を与えたい。
この後にも幾つかつまらない話がありますけど、このスタッフなら期待してもいい気がしてきました。
…まぁ期待はしても信じはしないんですけどね。
それはそれとして、12話を神回として作り上げてくれることに期待しています。



刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) (講談社BOX)刀語 第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ) (講談社BOX)
(2007/05/08)
西尾 維新

商品詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bloomegret.blog43.fc2.com/tb.php/297-7da52284

(アニメ感想) 刀語 第5話 「賊刀・鎧」
刀語 第三巻 / 千刀・ツルギ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 薩摩の濁音港の元締めである鎧海賊団の船長・校倉必は、賊刀・鎧を使い、闘技場で連戦連勝を重ねていた。 その勝負に勝てば賊刀・鎧が手に入る決まりなのだが、 その圧倒的な戦いぶりを見た七花?...

2010.05.27 21:16 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人