らくがき一辺倒

しかしラクガキ無いときもある

今月のマテリアル・パズル ゼロクロイツが色々と衝撃展開過ぎて…。
予想はしてた展開ではあるんですけどね。
実際来るとハンパないです。
matepa110609.jpg
以下さらさらと感想。
スポンサーサイト
……、延ばしてた唯和絵のネタが某絵師のと被ってしまった…。
とりあえず和誕生日のはネタもう一つあるから今からそっちに移行するとしよう。
…描きかけのは没にした方がいいのかなぁ。
完成はさせたいのですが、パクリとか言われそうで怖い。pixivでは結構けいおん絵で知られてる方ですし。
ここ最近の流れにこうオチがつくとは。さすがにショック。
恨むべきは自分の筆の遅さです。
101210-2.jpg
こんな感じのが数枚。

もう最新号から一週間経ちましたが、ハーメルン シェルクンチクが面白い。
初代ハーメルンといい、本当この人は不幸なキャラクター描くの得意だよなぁ。
よくある「昔大事な人が死んだ」というものより、ずっとキツイものがある気がします。
シェルは普段明るく振舞ってるから余計にですよね。


マテリアル・パズル ゼロクロイツ 27話「使命と責任」
さらっと感想です。絵も。
あと拍手返信。
唯絵がなかなか進まないので先にこっちを。


ゼロクロ5巻、背表紙がクリム、だと…? 
「クリムが背表紙になる時はクリムが活躍する時!」と息巻いてた自分はなんだったのでしょうか。
レオドリスだと思ったんですけど、まさかこのタイミングでクリムとは。
あえて言おう、「タイミングわるー!!」
内容は何度か感想してるので略。やっぱり燃える。

BAMBOO BLADEお疲れさまでした。
賛否のある終わり方でしたけど、私としてはやっぱり面白かったです。
スタート地点に立つのがゴールの作品とのことで。やっぱり普通のスポーツ漫画とは根本から違う漫画なんだなぁ。
普通のスポーツ漫画やってるBの方も、今後とも楽しんで読ませていただきます。
最終巻の裏表紙→ファンブックの裏表紙の流れに思わずニヤニヤ。
コジ紀梨いいですよね。ダメ大人×女子高生萌える。望霧もそうだし、よつばとのとーちゃん×風香とかも。
土塚先生のキャラクター誕生秘話タマちゃん項での「オタクになるのはこれからです!」にふいたw 
フィギュアとか集めたり、声優にウンチク言ったりするようになるんだろうなぁ…。
…腐女子にはなるなよ(ぁ 

最終巻記念に一枚。
101129.jpg
BAMBOO BLADEよりタマちゃん。
これからのBや、いつか始まるだろうCでAキャラのその後とか触れられたりしないかなぁ。
唯誕生日絵はもうちょっとかかりそう。
明日中に出来ればいいなぁ。…多分無理(ぁ 


ちょっと愚痴というか吐き出し。
プレッシャー軽くするためにも、たまにはいいよね! 

最近描きたいものが多いなぁ。
唯和もっと色々描きたいし、小森さんも色々描きたいし、おジャ魔女でも描きたいネタあるし、プリキュアも咲舞以外でも色々描いてみたいです。
さみだれやマテパももっと絵増やしたい。
ただ、やはりそんなに描けないんだよなぁ。
もうちょっと時間を有効活用できるようになれば違うのかもしれませんが。
構図にも色々チャレンジしたいのですが、
「とりあえず一枚」という感覚でさらっと描くとどうしてもありがち構図になってしまいますし。
かといって凝れば時間かかって量がどうしても減ってしまう…。ジレンマです。
解決するには凝った構図をさらっと描けるようになるしかないんでしょうけど。
最近伸び悩んでますし、心機一転して上達速度上げたい。
周りに凄い人が本当にいっぱいいて、自分の未熟さが情けなくなる。
…まぁ上手くなるためには、へこたれてなんかいられませんが。
この前書き忘れてましたが、例のけいおんクリアファイル一応律のだけ確保できました。
9日朝に行ったローソンでは梓と全員集合の以外はそれなりにありましたが、もう無くなってそうだなぁ。
せめて唯のも確保すべきだったか。


マテリアル・パズル ゼロクロイツ 第26話「シュウガとフィーアの魔法」
シュウガがちょっと活躍してくれた気がする。
この調子で頑張れ! 
101112.jpg
さくっとシュウガ。
しかし本当そろそろフェーダードライ以外のクロイツの色が知りたい。
完結するまでに全部表紙に出るのは難しそうだからなぁ。
どこかで出してくれないものか。

あとカテゴリに土塚作品追加しておきました。
結構増えてきましたからね。

以下さらさらと感想。
最近本当にネガティブな思考ばっかりになってる気がする。
まぁもちろん愚痴をつらつらと書こうとは思いませんが。
なんとかしないとなぁ。


マテリアルパズル・ゼロクロイツ
第24話「マスターパイネルとジュエリアガーデン」

エンドが可愛い。女性陣本当いいキャラしてる。
100910.jpg
ほのぼのさせてみた。
エンドの配色は例によって適当です。
以下感想。